やっぱり会社をやめるということは非現実的なのか

「会社をやめたい」というキーワードで出てきたYouTube動画を3つ見た。
うつ病で会社をやめる前に見ておくべき動画https://youtu.be/Ob9f4Esszmc


会社をやめたい人へのアドバイスhttps://youtu.be/xr24ZT9wObo


中高年の逃げ出し転職が失敗する理由https://youtu.be/zGmZ_cjo2so


正直どれもかなりきつかった。
別に内容が悪いという意味ではなく、会社を辞めることの厳しさ、リスクの高さが率直に語られている。
特に3つ目の「中高年の逃げ出し転職。。。」などはタイトルからして正鵠を得ており、心にグサッと刺さる。


1番目の動画は、貯金があっという間に底をつくことの恐ろしさを、切々と説いている。
前に書いた、やめたときの社会保険費用の負担のことなんかも合わせて考えると、僕の辞めたいという気持ちの行き場がなくなって、本当に苦しい。


やめるとこんなに苦しいんだから、仕事を頑張ろう、と思えればいいけれど、仕事のストレスというのは変わらないから、袋小路に追い詰められた気分になる。
選択肢のない気分にさせられる、これが一番精神的に良くない。


選択肢として今、自分を救うために考えられることは2つある。


休職と副業。


3つ目の選択肢として、今の仕事を頑張り続けるというのがあっていいはずなのに、そう考えることがまだできない。
別にブラック企業に勤めているわけでもないし、毎日残業で帰れないわけでもない。


ただただ起こるかもしれないことの恐怖に怯えてこうなってしまっている。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク