この一年間の自己改善や成長は実はゼロだったのかと愕然として泣く

ここ最近のストレスはもう、何か特定の原因を探すのが難しいぐらい、自分でも頭が混乱してどうしようもない。

うまく行ったことがないわけではないのに、そういうことは、運よく問題にならなかった、ぐらいにしか捉えらない。自分が成長したおかげでできたとか、うまくやれた、という充実感を感じられない。人への感謝も薄れがちになっている。

一年前に管理職になって同じような心境に立たされたあと、なんとか立て直そうと思って改善を試み、本当にうまく行きだしたこともあった。

毎朝4時起き生活を始め、神社にお参りし、ごみ拾いをしたりトイレ掃除をしたりした。

マインドフルネスを学んで、自分に起こることはすべて成長のための課題と考えることも学んだし実践してきた。

鴨チューブや浅見帆帆子本で心の持ち方の大切さを実感し、それまでは机上の空論だと思ってある意味無視していたような考え方も取り入れてみた。

笑顔を作るとか、人に席を譲るとか、そういうこともできる限りやってきた。

昨日、浅見帆帆子の「あなたはきっと運がいい」を読み直したとき、「精神レベルが上がると、同じような問題は起きない。起きてもすぐ解決する」とあるのを見て愕然とした。

何も進歩していなかった。

仕事が嫌だ、という問題に対して同じ感じ方しかできていないし、解決もしていない。

先の不安を考えないようにすることもできていない。

これだけやってきたのに、その結果が何も進歩していなかったのかと思うと、本当に悲しくなって、涙が出る。

今日のストレスレベルは引き続き7。
なにか具体的に悪いことがあったわけではないしけれど、一つ一つのすぐ解決できない問題にじわじわと心を蝕まれている気がする。

今日はついに、4時起きを断念した。

それでまた仕事がたまっていると考えるだけでもうストレス。

副業の進展もせず、転職先のいい案も見つからず、依然として袋小路に追い込まれた状態。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク