資産運用で生きていきたい

サラリーマンの苦痛から脱出するための方法としては、副業を確立する他に、資産運用で資産を増やし、配当金だけで生計を成り立たせるというのがある。

僕は資産運用が好きだし、株式投資の経験だけなら20年近くはある。なので、この方法を突き詰めてうまく行くのならば、それが一番いいのかもしれないと思う。

そこで、配当金で毎月30万円の収入を得ようと思うとどうなるか。

配当金には約20%の税金がかかるので、額面上は約40万円の配当を受けることが必要になる。日本株の場合、平均配当利回りは2%強なので、頑張って3%を確保したとすると、約1億3千万円。。。

全資産をぶち込むことはできないとしたら、これだけの「余裕」資金が今ないといけない。これは厳しい。

しかし普通のサラリーマンでありながら、配当生活を余裕で実現している人もいる。例えばいろいろなメディアで有名なのは御発注さん。

https://froggy.smbcnikko.co.jp/writer/gohacchu/

この方はまず節約が徹底しているのが基本になっているが、それに加えて投資哲学も揺るぎないものを築いている。

若い頃から投資活動をしているというのも大きい。どこまでも若さや時間というのが自分のネックになってくる。知ってはいたけれど、三十代の頃はその重さを実感はできていなかった。

御発注さんは資産3億円だそうなので、もう会社員をやる必要もないのに、仕事が楽しいから働いていると聞いたことがある。理想的すぎて、嫉妬で頭が真っ白になる。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク