津田ひろあきさん発見の「すべての悩みを解決する方法は」

灼熱の講演家と名乗っている津田ひろあきさんという人のユーチューブもよく見る。

その中で、「ついにすべての悩みを解決する方法を発見した」という動画を先日見た。

仕事や人間関係のあらゆる悩みから自由になる方法

その中で自分にグサッと来たのは、この部分だった。

「悩みというのは自分で責任を取りたくないという意志の現れ」

そうだ、僕は責任を取りたくないと思っているのだろう。悩むことで責任を回避しようとしてきたのだろう。理屈はいまいちピンとこないが、感覚として、悩むことで責任を逃れようとしているというのはなんとなくわかる。

僕は常に責任を取りたくないと思って過ごしている気がする。

責任を取るというのは、処刑されるとか刑罰を受けるというようなことぐらいしか思いつかない。

そもそもその認識が貧弱なんだろうとは思う。

悩むということは、何かを決められないで迷っていることか。例えば自分でいうと、会社員はやめたいのに、生活や将来のことを考えてやめられない。でも会社員生活はストレスが高い。でも給料が毎月もらえたり、社会保険を会社が負担してくれるのは大きい、、、などと考え続ける状態。

その結果、会社員を続けているのが現状で、その「責任を取る」ということは、ストレスを受け入れてなんとかやっていくとか、そういうことなんだろうか。

そうすると、責任を取るということは、結果を受け入れて文句を言わないということか。

たしかに、不満を感じずに過ごすということは大変な心の修養がいる。不満を言わない、ならなんとかできなくもないけれど、心の中で不満を感じることすらないというのは僕にとってはかなり難易度の高い状態だ。ストレスを感じるとすぐに現業に不満を感じる。

しかし逆に言えば、ストレスさえ感じなければ不満も湧いてこないはずだ。やっぱりいかにしてストレスを撃退していくかが、僕にとってはものすごく重要なことだ。

ちなみに、すべての悩みを解決する方法というのは、「悩まない」ということだった。禅問答のようだが、感覚としては半分ぐらいは納得できる。

自分で責任を取ると決めれば、何でも悩まずできる。もしくは、悩まずに何でもやってしまえば、あとは自分で責任を取るしかない。

そういうことだろう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク