どうすれば完ぺき主義を脱することができるかを説いた本

「すごい手抜き」という本を読んでいる。

すごい手抜き 今よりゆるくはたらいて、今より評価される30の仕事 [ 佐々木正悟 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)楽天で購入

実際に「すごい!!」と目からウロコの落ちるような話が書いてあるわけではない。

でも、完璧主義の人間に対するアドバイスに満ちているということは言える。

そのアドバイスがすべて役に立つとか、簡単に実践できるというわけではない(このように考えること自体すでに完璧主義の毒に染まっているな)。

しかし、完璧主義のストレスから少しでも逃れるために、ここに書いてあることはできるだけ実践しようとは思う。

例えばこのようなことが書いてある。僕の要約。

達は何事も繰り返しによりうまくなる。つまり、習慣化し毎日やることで質が上がってくる。だからまず質にこだわらず安定量をこなす習慣化が重要。そのうちに質が上がってくる。万全の状況や環境を待っても仕事は進まない。とにかく少しでも前にすすめることを続ける

万全の状況や環境を待つようなところが、僕にはあるかもしれない。

きっちりやって、ほめられるようなアウトプットを出さないといけないと考える。

実際にそうしないといけないだろう。

でもそうして考えているうちはアウトプットがないわけで、なんのフィードバックもない。

そのうち不完全なアウトプットを出している人がフィードバックを手にして、良いものを出してくるとしたら、最終的にはそちらが評価される。

多分ホリエモンでも、鴨さんでも、孫正義でも同じことを言うだろう。

いろんなところでよく聞くことだ。

不完全なアウトプットへのフィードバックというのは、なかなか耳が痛いものだろう。

批判だったり罵倒だったり激怒だったりするかもしれない。

僕はそういうのごものすごく嫌いだ。

人に怒られたり、批判されたり、否定されたりするのがものすごく嫌いだ。

でも完全主義者をやめるということは、そういうものに耐えなくてはならないということなのだろう。

いや、耐える、という感情を持っている限りはまだ完全主義に染まっているわけで、そういうものに対して、何も感じない、もっとよく言うと客観的に見られる、ようにならないといけない。

しかし何を言われても、自分への批判とか文句だと感じてしまうだろうなあ。。。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク