MSNのポータルサイトのリンクで読んだ、小型株で稼ぐという記事から、遠藤洋という人の著作を2冊読んだ。

普通本を買うときはレビューなどを見て買うけど、この「働きたくないけどお金は欲しい」という本はタイトルを見ただけで買うのを決めて、メルカリでポチった。

働きたくないけどお金は欲しい [ 遠藤 洋 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/1/17時点)楽天で購入

もうここ一年ほど頭占めててきたのはとにかく、働きたくない、ということだ。

働くということそのものと言うより、強制的に働かされる、苦手なことをする、非難されながら働く、失敗に怯えながら働く、という「働く」がとにかく嫌で仕方ない。

でも生きていくには金を稼がざるを得ず、今のところそのためには会社に勤めるということしかできない。

だからもう、このタイトルというのは是が非でも中身を読みたくなるものだった。

中身はというと、ある程度想定はしていたけれど、労働者から投資家になれ、不労所得の流れを作れというようなことが、分かりやすく書かれている。「金持ち父さん」系の話とおおむねかぶるけど、それをもう少しかみ砕いて具体的に書いてある。まあ働かずに金を儲けようと思ったらそういうことしかないだろう。

特に希望を与えてくれるものがあるとしたら、成長企業への株式投資で資産を何倍にも増やし、10年ぐらいで1億円を狙うことも現実的だということだ。

それをより詳述したのがこの「10万円から始める 小型株集中投資で1億円」という本だ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 [ 遠藤 洋 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/1/20時点)


この人の実績を見ていると確かに、短期間で何倍にもなる急成長銘柄というのは確かにあって、それに集中投資していれば、資産は激増する。

それは宝くじを買うのとは比較にならないほど高い確率で起こるし、調査や分析でその確率を高めることもできる。

失敗するリスクもあるけれど、損切りルールを明確にすることで悲劇的なことにはならない。

アフィリエイトが完全に不発の状況の中で、現状では配当目当ての資産運用に僅かな成果を求めてはいるけれど、やはり、株価上昇によるキャピタルゲインのインパクトは大きい。

なので今はそのような銘柄の発掘に活路を見出したいと思っている。

それにしてもこの筆者の遠藤洋の生き方はあまりにもスマートすぎる。

まず、大学を卒業したあとに入る企業の選び方がキレキレで、それだけでもう一般人とは稼ぐ能力の次元が違う。

さらにその後の急成長企業の目利きも凄まじく、次々と資産を倍増、10倍増させていく。

失敗ももちろんあったのだろうが、それを帳消しにしてあまりある成果を出していく。

普通はこれほどたくさんの株価急騰銘柄を見つけ出すことは難しいと思う。

そしてあっさり20代で起業し、今では大富豪の道をまっしぐらという人生だ。

読んでいて一つ悲しかったのは、読み手の対象がかなり若い世代で、そういう人たちに語りかける感じになっている。

やっぱりここまでの裕福さを手に入れるには、若い頃からこの思考をしておかなくてはならなかったのだと、人生の半分以上を過ぎた身には、痛みを感じる。

とは言え、「働く」のが苦痛で仕方ない僕にとっては、考えられる中では実現性の最も高いのがこの小型急成長株投資なので、悲しむより先に動かなくてはいけない。